■ 生理痛が酷い。イライラも。生理痛を押させる薬で情緒不安定を解消できる?
・ 痛みのせいか、イライラしてつい八つ当たりしてしまう
・ 「生理痛に効く」市販薬を飲んだら気持ちも落ち着く?
・ 鎮痛剤なので、気持ちには影響しない

 

 

ある日突然、嫌な事があったわけじゃないのに無性にイライラしてしまう時ってありませんか?

 

 

私も、他人に当たってしまうくらいイライラして、顔つきも怖くなって孤立していました。(涙)
「どうしてこんなにムカついてしまうんだろう」と自己嫌悪に陥って消えてしまいたいくらいでした。

 

 

でも、数日後に生理がきた途端、それまでのイライラが嘘のように消えていたんですよね。

 

 

心が軽くなったと思ったら、今度は生理痛で動けなくなったりして、本当に泣きたかったです。

 

 

生理前や生理中になぜかイライラして周りにキツく当たってしまう方もいると思います。
このイライラには生理が関係しているから、生理痛に効く薬を飲めば治まると思いますか?

 

 

生理前・生理中の感情の変化には、生理痛に効く市販薬は有効なのか、調べてみました。

 

 

生理痛に効く薬として、バファリンやロキソニン、ブスコパンなどが有名ですよね。

 

 

「生理痛でお腹が痛くて動けない」なんていう時に使用する方が多いと思います。
薬を飲んだら、それまでの痛みがスーッと消えて、からだがだいぶ楽になりますよね。

 

 

でも、気がつけばまたイライラしてる・・なんて方も多いのではないでしょうか。

 

 

「生理痛に効く」薬は、痛みを和らげる「鎮痛剤」なので、イライラには効かないそうです。

 

 

鎮痛剤で痛みのストレスから解放されて、少し気持ちが和らぐことはあるそうです。
でも、根本的な解消にはならないので、鎮痛剤で情緒不安定が解消されることはないんですよ。

 

 

■ そのイライラはPMSかも。
・ PMS(月経前症候群)って何?
・ PMSは生理前のホルモンバランスの急激な変動のせい
・ 症状は200種類以上ある

 

 

生理前や生理中に、イライラしたり、胸が張ったり頭痛や吐き気がしていませんか?

 

 

私は生理痛がひどく、明け方吐き気で目覚めてずっとトイレに籠っていたことがあります。(泣)
お腹も頭も痛いし、そのせいで気持ち悪いしイライラするし、本当にツライですよね。

 

 

あまりのつらさに婦人科を受診したら、お医者さんから「PMS」だと診断されました。

 

 

PMS(月経前症候群)とは一体なんなのか、その原因や主な症状などをまとめてみました。

 

 

PMSとは、排卵から生理が始まるまでの間に主に症状が出る女性特有の症候群です。
排卵から生理が始まる間を「黄体期」といって、女性ホルモンのバランスが急激に変動します。

 

 

女性ホルモンは、「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類のことを言います。
黄体期は、プロゲステロンの数値が急激に高くなり、エストロゲンは逆に低くなります。

 

 

このふたつのホルモンが大きく乱れることによって、PMSを引き起こす原因になるんです!

 

 

エストロゲンが低下すると、精神を安定させる「セロトニン」というホルモンが少なくなります。
イライラや鬱っぽくなってしまうのは、セロトニンが不足してしまっているからなんですね。

 

 

女性の約8割の方が悩んでいるPMSには、200種類以上の症状があるそうですよ!

 

 

PMSは、生理が始まると症状が落ち着くことから、放っておく方も多いそうなんです。
でも、放置しておくと将来更年期障害がひどくなるそうなので、早めに対処しましょう!

 

 

■ 生活習慣を改善すればPMSは軽くなる?
・ 律儀で真面目、自分に厳しい人はPMSになりやすい?
・ PMSはストレスで悪化することも
・ 食事や運動でPMSの症状が軽くなる?

 

 

女性特有の悩みの種である、PMS(月経前症候群)の症状の重さは人それぞれです。

 

 

寝込んでしまう位重い症状を持つ方や、逆にPMSの症状がないという方もいます。
PMSが重症化してしまう原因に、自身の性格も影響しているという事を知っていましたか?

 

 

どんな性格がPMSを悪化させるのか、また普段の生活での改善方法はないか、調べてみました。

 

 

自分の性格が、律儀、真面目、几帳面、自分に厳しいと自負している方は要注意です!
これらの性格の方は、ストレスを溜め込みやすいので、PMSが悪化してしまうんですよ。

 

 

PMSのイライラは、ストレスも大きく関係しているので、出来るだけストレスを溜めない事が大切です。

 

 

あとは、食生活や自律神経の乱れも、PMSの症状が悪化してしまう原因になります。

 

 

イライラを抑えるカルシウムやビタミンB6、マグネシウムを摂るようにしましょう!
カフェインが多く含まれる飲み物は、逆に気持ちが興奮したりむくみの原因になってしまいます。

 

 

さらに、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きを持つ大豆イソフラボンの摂取をオススメします。
エストロゲンの低下で情緒が不安定になりがちなので、精神安定につながりますよ。

 

 

そして、自律神経が乱れると、ホルモンバランスも乱れてPMSが悪化してしまいます。
自律神経を整えるには、質の良い睡眠を取り、適度な運動をすることが大切です。

 

 

早起きを心掛け、有酸素運動でからだをしっかりと動かし、夜更かしは控えることをオススメします。

 

 

気分転換に自分の好きなことをして、ストレスを溜めない生活を送ってPMSとオサラバしましょう!

 

 

■ 基礎体温をチェックしよう!
・ 毎朝体温を測ることで黄体期がわかる
・ 予め知っておくことで心に余裕ができる

 

 

妊活中の方は特に、「基礎体温」を毎朝チェックしている女性って多いんですよね。

 

 

朝起きたときに、体温をはかって記録することで生理周期をしっかり把握することが出来るんですよ!

 

 

基礎体温と、PMS(月経前症候群)には、どんな関係があるのか、ご説明します。

 

 

PMSの発症時期というのは、「黄体期」といって体温がいつもより少し高い時に起こるんです!
PMSのよくある症状のひとつに、「熱っぽくなる」というものがあるんですよね。

 

 

それは、体温が高くなる排卵?生理直前の黄体期とPMSの発症時期が同じ時期だからなんですよ!

 

 

ということは、毎朝基礎体温をチェックすることで、PMSが発症する時期がわかるということなんです。

 

 

予め、「この日辺りPMSになりそうだな」とわかれば、対策もとれそうですよね。
家族にも、「もうすぐイライラするけど気にしないでね」と言っておけば、お互い心構えが出来ます。(笑)

 

 

出来るだけ気持ちに余裕を持てるように、自分のPMS発症時期を把握しておくと良いですよ。

 

■ PMSって何?病気なの?
・ はっきりした原因がわかっていないPMS(月経前症候群)
・ 生理周期とホルモンバランスが関係?
・ 人によって病気だという人とそうではないと言う人がいる
・ 近年、病気と捉えられるようになってきた

 

 

生理前になると、理由もなく無性にイライラしたり、頭痛や吐き気がありませんか?

 

 

他人にキツく当たってしまう程なのに、生理が来るとその気持ちがスーッと消えるんですよね。

 

 

生理前の私は、職場の雰囲気を悪くしてしまうくらいひどい精神状態でした。(汗)
それにくわえて、ひどい腹痛と吐き気で夜も眠れず、泣いてしまう位辛かったです。

 

 

どうして生理前はこんなにイライラしたり、体の不調が目立ってしまうのか調べてみました。

 

 

生理前の身体や心の変化を「PMS(月経前症候群)」と言い、女性の約8割が経験しているそうです。

 

 

その詳しい原因ははっきり解明されていませんが、女性ホルモンのバランスが影響しているそうですよ。

 

 

女性ホルモンは、「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類があるんだそうです。
排卵から生理が始まるまでを「黄体期」と言い、その時期にこの2つのホルモンは急激に変動します。

 

 

そのホルモンの大きな変動によって、PMSが引き起こされる、という風に考えられているそうですよ。

 

 

「それって病気?生理現象と同じで病気じゃないの?」と疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

 

 

人によって、PMSは病気じゃないという人と、立派な病気だという人がいるそうです。
PMSの症状やその重さは人によってさまざまなので、そんな意見対立が生まれるんですね。

 

 

しかし、一時的でも、日常生活に支障をきたしてしまう位重い症状に苦しむ方も多いんですよ。

 

 

その点から、最近では「PMSは立派な病気」として認識されてきているようです。
「生理前の短期間だけだから」と我慢しないで、辛い方は一度医師に相談してみてはどうでしょうか。

 

 

■ PMSはみんなが通る道
・ ほとんどの女性がPMSを経験
・ イライラだけじゃない、変わった症状も
・ 自分だけだと悩まず周囲に相談しよう

 

 

毎月毎月イライラして、お腹や頭が痛くてさらにイライラしてしまう方はいませんか?

 

 

「どうして自分だけこんななんだろう」と自己嫌悪に陥ってしまいますよね、私もそうでした。

 

 

でも、同じようなイライラなどの症状で悩んでいる方って、実はたくさんいるんですよ!
生理前のイライラ、頭痛などの原因であるPMSは、女性の約8割が経験しているんです。

 

 

しかも、PMSの症状って人によって色んなものがあって、200種類以上もあるんですよ!

 

 

PMS(月経前症候群)の症状には具体的にどんなものがあるのか、いくつかご紹介します。

 

 

代表的なPMSの心の症状は、イライラや気分の落ち込み、集中力がなくなるなどがあります。
身体の症状は、頭痛や肩凝り、めまいや吐き気、乳房の張りや痛み、腹痛などです。

 

 

これ意外にも、食欲の増進・不振、甘い物が食べたくなる、など少し変わったものもあります。
さらに人によって、寝汗をぐっしょりかいたり、皮膚の痛み、歯茎が腫れるなどあるそうですよ。

 

 

イライラや頭痛以外にも、色々症状があるので、気付かないうちにPMSになってる人もいると思います。

 

 

ほとんどの女性が経験したことのあるものなので、ひとりで悩みすぎず、周りに相談してみましょう!
周囲に話すことで、PMSになっても皆受け流してくれるようになるかもしれませんよ。

 

 

■ PMSはストレスで悪化する?!
・ PMSで多い、心の症状はストレスで悪化する
・ なるべくストレスフリーの生活を心掛けよう

 

 

PMS(月経前症候群)で一番多い症状のひとつに「イライラ・怒りっぽくなる」があります。

 

 

私も生理前は何事にもイライラして、目つきが悪くなってしまうくらいひどかったです。
周りは腫れ物を扱うように私に接してくるし、気を遣わせてしまっていることに落ち込みました。

 

 

PMSが重症化してしまう原因のひとつに「ストレス」が大きく関係しているそうなんです!

 

 

ストレスとPMS(月経前症候群)には、一体どんな関係があるのか、しらべてみました。

 

 

日頃ストレスが大きい人は、PMSの症状が強く出る傾向があるというデータがあるそうです。
溜め込んだストレスが、生理前に放出されてしまっているのかもしれないですね。

 

 

PMSの症状を緩和するためにも、ストレス発散をしてストレスを溜めないようにしましょう!

 

 

■ 薬局で買えるPMS改善薬があるって本当?
・ 薬局で買える市販薬はあるけど・・
・ 購入方法などに決まりが多い
・ 成分も同じなので、サプリがオススメ

 

PMS(月経前症候群)って、生理が始まるまでの間しかないから、我慢してしまいがちですよね。
「どうせすぐ治まるし、改善法もわからないし」と半ばあきらめてしまっていませんか?

 

 

私はあまりにも症状が重かったので、婦人科系の病気の疑いがあり、病院を受診しました。

 

 

そこでピルを処方されたのですが、「ピルは飲みたくない」と思う方も多いと思います。

 

 

実は、病院へ行かなくても、ピルを飲まなくても、PMSを改善出来るものがあるんですよ!
ネットや通販で気軽に購入出来る、PMSの改善効果のあるものをご紹介します。

 

 

市販の「薬」として、PMSを改善する薬があるのですが、購入方法が面倒なんですよね。
薬剤師さんに自分の症状を細かく伝えなくちゃいけないので、少し恥ずかしいですよね。

 

 

1ヶ月以上飲み続けなきゃいけなくて、3ヶ月以上飲む場合は医師へ相談する必要もあるんです。

 

 

結局病院に行かなくちゃいけなくて続けて服用出来ないのなら、あまり使用したくありませんよね。

 

 

そんな方には、PMS改善を目的に開発された「サプリメント」がオススメですよ!
有効成分と含有量も薬と同じ、でも薬と違って天然由来の成分なので安心して飲む事が出来ます。

 

 

飲み続ける際の医師への相談も必要ないし、ネットで気軽に購入出来るので良いですよね。

 

 

「良さそうだな」と思うPMS改善サプリがあったら、一度試してみてくださいね。

 

■ PMSの原因ってなんなのさ!
・ 実は、原因ははっきり解明されていないPMS
・ 女性ホルモンのバランスが影響しているらしい
・ そのバランスが脳のホルモンにも影響している

 

 

毎月、生理前になると無性にイライラしたり、怒りっぽくなってしまう人も多いと思います。

 

 

私は職場の雰囲気を悪くしてしまうほどの、「話しかけるなオーラ」を出していました。(苦笑)
かと思えば、激しい頭痛と吐き気でめまいがして倒れたり、迷惑かけっぱなしでした。(汗)

 

 

生理前のこのような身体や心の不調は、「PMS(月経前症候群)」と言うそうなんです。

 

 

女性の約8割が経験したことのあるPMSは、どうして引き起こされてしまうのか、調べてみました。

 

 

残念ながら、PMSのハッキリとした原因っていまだに解明されていないそうなんです。
それほどに、女性のからだって複雑に出来ているということなのでしょうか?(笑)

 

 

しかし、生理前の女性ホルモンのバランスの変動のせいなのでは?と考えられているそうですよ。

 

 

女性ホルモンには、「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類がありますよね。
排卵から生理が始まるまでの間は、このふたつのホルモンが急激に変動するそうなんです。

 

 

生理前は、プロゲステロンが大量に分泌されて、エストロゲンは逆に低下するそうです。
エストロゲンが減ると、気持ちを安定させる「セロトニン」という脳内物質も低下するそうです。

 

 

生理前のイライラは、セロトニンが不足することで引き起こされているそうなんですね。

 

 

原因がはっきり分からないと、対策も取りづらいですが、あまりストレスを溜めない事が大事ですよ!
ストレスがPMSを悪化させることは分かっているので、あまり悩みすぎないようにしてくださいね。

 

 

■ 産婦人科に行けばピルが処方されるって聞いたけど・・
・ 症状が重い人は婦人科系の病気の疑いもあるので早めに病院へ
・ PMSにはピルを処方される場合が多い
・ その理由とは

 

 

日常生活が困難になるくらいPMSの症状が重い女性って意外と多いんですよね。

 

 

私も年々症状がひどくなって、トイレに籠るようにまでなってしまいました。(涙)
でも「どうせ生理前の短い間だし、女性ならみんななるし」と、放置していたんですよね。

 

 

実は、あまりにも症状が重い場合、PMS以外の原因も考えられるそうなんですよ!
そのため、PMSがひどい方は、一度婦人科を受診をした方が良いそうなんです。

 

 

PMSで婦人科を受診した場合、どんな対処をしてくれるのか、しらべてみました。

 

 

「生理前の体調不良がひどくて」とお医者さんにいうと、PMSの疑いということで薬が出されます。
一度の受診でPMSと診断するのは難しいので、一ヶ月薬を飲み続ける必要があります。

 

 

薬を飲み始めた後に来る生理のときに、症状が軽くなったかどうかで最終判断をします。

 

 

薬を飲んでも症状が改善されない、という場合は、婦人科系の病気の疑いがあるそうですよ。

 

 

一般的に、PMSへの治療に処方されるものは「(低用量)ピル」なんだそうです。
実際、私もピルを処方されて、しばらく飲んでいましたが、PMSの症状は改善されました。

 

 

ピルには、ホルモンバランスの変化を少なくする作用があるので、PMSに有効なんだそうです。

 

 

ピルって、避妊のイメージしかなかったので意外でしたが、PMS対策に飲んでる人も多いんですよ。
PMSに効いて、避妊・生理不順改善が出来るので、お医者さん曰く「一石三鳥」なんだそうです。(笑)

 

 

■ ピルの副作用って?!
・ 薬であるピルには副作用の恐れも
・ さらに血栓症のリスクも高くなる

 

 

あまりにも酷いPMSの症状に、婦人科を受診した、という女性も多いのではないかと思います。

 

 

私も「もしかして別の病気なんじゃない?」と言われ、怖くなって婦人科に行きました。(笑)
結果、子宮に腫瘍などもなく、PMSと判断されて、ヤーズというピルをずっと飲んでいました。

 

 

でも、PMS対策によく処方されるピルですが、薬なので副作用のおそれがあるんですよ。

 

 

副作用にはどんなものがあるのか、また飲み続けることのデメリットをご説明します。

 

 

代表的なピルの副作用は、「頭痛」や「吐き気」などの症状があるそうなんです。
しかし、これらの症状は飲み続けるうちに身体が薬に慣れて、収まることもあるようです。

 

 

ちなみに、私はピルを飲んでも副作用は無かったので、個人差が大きいと思います。

 

 

それと、ピルの長期間の服用は、血栓症のリスクが高くなってしまうそうなんですよ!

 

 

血液を固まりやすくする作用のある女性ホルモンですが、ピルはそのホルモンに似せて作られています。
そのため、ピルで女性ホルモンを補い続けると、血栓ができやすくなってしまうんですね。

 

 

タバコは血液の流れを悪くするので、血栓症のリスクがより高くなるそうですよ。

 

 

■ 副作用や血栓が心配ならサプリがオススメ
・ ピルは副作用が怖いから飲みたくない場合はどうしたらいい?
・ 市販薬と同じ成分のサプリがオススメ

 

 

「ツライPMSの症状、なんとかしたいけどピルはちょっと怖いから嫌」という人も多いと思います。

 

 

副作用や血栓症のリスクが心配な方や、妊活中の方はピルは飲めないですよね。
私も、PMS対策に、約1年間ピルを飲んでいましたが、結婚を機に服用をやめました。

 

 

「副作用が怖いから嫌」「赤ちゃんが欲しいけどPMSは何とかしたい」という方はいませんか?

 

 

そんな方には、からだに悪影響が無くて安全な、市販薬と同じ効き目のサプリメントがオススメです!

 

 

PMSの市販薬もありますが、有効成分が同じで含有量も同じサプリがあるんですよ。
サプリなら、副作用の心配もありませんし、無添加のものもあるので安心して飲めますね。

 

 

「ルナベリー」「女性のミカタ」「Vitex」などが人気のPMS改善サプリメントです。
自分に合いそうだな、と思うサプリがあれば、ゼヒ一度試してみてくださいね!

 

■ 低容量ピルなら安心、、でもないらしい「ヤーズ」の死亡事故
・ 低容量ピルって?ふつうのピルとどう違うの?
・ ピルの副作用による血栓症で亡くなった方がいる
・ 服用する際は体調の変化に充分注意しよう

 

 

ひとくくりに「ピル」といっても、実は色々な種類があるって知っていましたか?

 

 

その中でも、ピルには「中用量ピル」と「低用量ピル」という、成分量が違うものがあるんです。
成分であるホルモンの量が低い方が、効き目も穏やかなので副作用も起きにくいそうです。

 

 

でも、低容量ピルを飲んだことによる副作用で亡くなってしまった方がいるんですよ。

 

 

死亡に至ってしまうほどの、ピルの怖い副作用はどんなものなのか、調べてみました。

 

 

ピルを飲み続けると、血液が固まりやすくなって「血栓症」のリスクが上がるそうですよ。
女性ホルモンには血液を固まりやすくする作用があるため、このような副作用があるそうです。

 

 

「ヤーズ」という低容量ピルを飲んで亡くなった方は、皆血栓症を発症していたそうです。

 

 

年代は10代、20代、40代とバラバラで、非喫煙者で標準体重だったのに、亡くなってしまったそうです。

 

 

血栓症の前触れは確認しづらいので、発見が遅れてしまうケースも多いそうなんですよ。
足の痛みや頭痛がすることが多いですが、ピルと関係していると判断しづらい症状ですよね。

 

 

ピルを服用することになったら、飲み始めの一週間は体調変化に特に気をつけましょうね。

 

 

■ 市販でイライラを抑える薬ってないの?
・ プレフェリンはPMS改善の市販薬
・ 他にも、イライラには漢方がオススメ

 

 

生理前のイライラって、ある日突然、一気に爆発するように波が来たりしませんか?

 

 

私は朝起きて、「何か今日はダメになりそう」と思ったら昼には般若みたいな顔になります。(笑)

 

 

急に来るイライラは、周りに八つ当たりしてしまう前になんとかしたいですよね。

 

 

イライラに効くとされる、薬局などで気軽に購入出来る薬はないか調べてみました。

 

 

「プレフェミン」は、PMS改善のための唯一の市販薬として注目されているんですよ。
イライラにも効くそうですが、購入時は薬剤師さんに指導してもらわないといけません。

 

 

そして、薬局で購入することが出来る「漢方薬」にも、イライラを抑えるものがあるんですよ!

 

 

「抑肝散(よくかんさん)」は、イライラや神経の高揚を鎮めるはたらきがあるそうですよ!
「アロパノール」という市販薬の主な有効成分として、抑肝散が使用されているそうです。

 

 

もうひとつ、「加味逍遙散(かみしょうようさん)」という漢方も効果があるんですよ。
イライラなどの精神神経症状や月経困難、生理不順に効果があるといわれています。

 

 

自分の症状に合ったものがあれば、一度薬局やドラッグストアをチェックしてみてくださいね。

 

 

■ イライラに効くハーブがあるらしい。
・ オススメのハーブ「セントジョーンズワート」
・ セロトニンを増やしてくれる

 

 

からだに悪影響がありそうだから、出来るだけ薬は使いたくないという人も多いと思います。

 

 

私も日頃から添加物に気を遣っているので、具合が悪くなっても自然治癒か漢方に頼ります。(笑)
出産してからは、PMSの症状が軽くなったので、飲んでいませんが、オススメのハーブがあるんですよ!

 

 

ハーブの先進国、ドイツでポピュラーな、日本でも近年知名度が高いハーブをご紹介します。

 

 

「セントジョーンズワート」というハーブは、イライラの緩和や鬱症状に効果的なんですよ!

 

 

このハーブには、気持ちを安定させるセロトニンという物質を増やす作用があるそうです。
生理前は、エストロゲンが低下してセロトニンが減少するので、効果が高そうですよね。

 

 

セントジョーンズワートは、サプリメントで摂取する方法が一般的だそうですよ。
日本でつくられている商品も多いので、薬局やドラッグストアで探してみてくださいね。

 

 

■ アロマでイライラが鎮まる?!
・ イライラを抑える香りはたくさんある
・ 夜、リラックスしたい時にアロマを利用しよう
・ 深呼吸することで精神安定効果倍増!

 

 

生理前のイライラを抑えるのに、薬以外にも改善方法はあるって知っていましたか?

 

 

普段の生活にちょっと取り入れるだけで、気持ちが落ち着いてリラックス出来るものがあるんですよ!

 

 

なんと、「香り」が高ぶった気持ちを落ち着かせて、PMSの症状も改善してくれるんです!

 

 

私も、街を歩いていて良い香りがしたらついバレない程度に深呼吸してしまいます。(笑)
香りを楽しむには、最近手軽に楽しめるようになってきた、「アロマ」がオススメです。

 

 

イライラや気分が落ち込んだ時に効果のあるアロマオイルをいくつかご紹介します。

 

 

「ローズ(薔薇)」は、不安やストレスの解消、女性ホルモンのバランスを整えてくれます。
さらに、肌の若返り効果もあるので、古くからアンチエイジングに使用されているそうですよ!

 

 

「ゼラニウム」は、ホルモンバランスの乱れを正して、憂鬱な気分を和らげるそうです。
ローズに似た香りで、PMSの心の症状も軽減する効果が実証されているんですよ。

 

 

「イランイラン」は、気持ちを落ち着かせて血圧や心拍数を安定させる作用があるんですよ。
自分に厳しく、ストレスを溜め込みやすいタイプの方に特にオススメの香りです。

 

 

アロマの香りに包まれながら、ストレッチをすると心も身体もリラックス出来ますよ!
アロマには、大体のお店にテスターがあるので、気に入った香りを見つけてくださいね。

 

 

寝る前に、アロマポットを使用して、目を閉じて深呼吸すると質の良い睡眠が取れますよ!

 

■ プレフェミンが注目されている理由
・ 日本で唯一のPMS市販薬
・ 3ヶ月の服用で91%の人がPMSの改善を実感

 

 

「仕事が忙しくてピルを処方してもらいに行けない」という女性も多いと思います。
婦人科って、2時間くらい待ち時間があるときもあるので、中々行きづらいですよね。

 

 

私が通っていたクリニックでも、長い時で3時間位待ったので、貴重な休みが潰れていました。(涙)

 

 

なかなか病院を受診することが出来ない女性の間で「プレフェミン」が注目されています。

 

 

プレフェミンとは一体何なのか、どうして注目をあつめているのか、調べてみました。

 

 

「プレフェミン」は、ゼリア新薬が販売している日本で唯一のPMS治療の「市販薬」です。
市販薬の為、薬局やドラッグストアで手に入るので、仕事が忙しい方にも人気なんですよ!

 

 

プレフェミンは、服用を続けることでその効果が高くなることが実証されているそうです。

 

 

3ヶ月服用すると、91%の女性がPMSの症状の改善を実感したというデータがあるそうですよ!

 

 

■ プレフェミンの副作用とデメリット
・ プレフェミンは薬だし、副作用ってあるの?
・ 発疹や皮膚の赤み、頭痛や下痢などがある
・ 購入時に薬剤師に相談しないと買えないし、飲む時の決まりも多い

 

 

薬を飲み始めるときって、副作用が起きるかどうか不安になってしまいますよね。

 

 

私はついついネットでその薬の副作用について、実際飲んでいる人の声を探してしまいます。(笑)

 

 

副作用は、起きない場合も多いですが、もし重い症状が出たらと思うと少し怖いですよね。

 

 

プレフェミンも薬なので、飲んだらどんな副作用があるのか、しらべてみました。

 

 

プレフェミンには、「発疹や皮膚の赤み・かゆみ」が副作用としてあるそうです。
実際飲んでいる人は、さらに頭痛やめまい、お腹が張ったり下痢の症状があるそうですよ。

 

 

そして、プレフェミンには副作用だけではなく、いくつかデメリットもあるんですよ。

 

 

まず、プレフェミンは市販薬ですが、「薬剤師が常駐している店」じゃないと買えません。
「要指導医薬品」といって、薬剤師による対面での情報提供、指導が義務づけられているんです。

 

 

初めて購入する時は、薬剤師に自分の症状を詳しく説明する必要があるので、少し面倒ですよね。

 

 

さらに、一度プレフェミンの服用を始めたら、最低一ヶ月は続けなければいけません。
PMSの症状が改善されているかどうかは、生理が来ないとわからないからなんですね。

 

 

2回目からの購入は、専用のカードに記入して、薬剤師に提出しないといけないそうです。

 

 

また、3ヶ月以上服用する場合は、医師に相談してからじゃないとダメなんだそうですよ。
お医者さんに行く時間がないから市販薬を使いたいのに、結局受診しなきゃいけないんですね。

 

 

それなら最初から病院に行った方が良いんじゃない?と思える、プレフェミンのデメリットでした。

 

 

■ プレフェミンの有効成分は天然由来じゃない!?
・ チェストベリーって何?
・ PMSへの有効成分で、40mg配合されている
・ チェストベリーはハーブだけど、プレフェミンは半分合成成分

 

 

プレフェミンのパッケージには「有効成分チェストベリーが効く」と書いてありますよね。

 

 

あまり聞いたことのない言葉だと思いますが、「女性のためのハーブ」と言われているそうですよ。
古くから婦人科系疾患に使用されていて、有効性や安全性が評価されているそうです!

 

 

プレフェミンにも、その安全なハーブが使用されているので安心、と思いきや違いました。

 

 

調べてみておどろいた、プレフェミンの有効成分の落とし穴について、ご説明します。

 

 

プレフェミンには、PMSの有効成分であるチェストベリーが40mg配合されています。
「チェストベリー乾燥エキス40mg」と書いてあるので、天然由来の成分だと思ってしまいますよね。

 

 

でも、パッケージをよく見ると「チェストベリー抽出物20mg」と書いてあるんです!
それってつまり、有効成分の半分は化学合成の添加物から出来ているって事なんですよ!

 

 

プレフェミンで副作用が起こる、という方はこの添加物にからだが反応しているのかもしれませんね。

 

 

■ 安全性を求めるなら、サプリがオススメ
・ 添加物はからだに悪影響を及ぼすことも
・ 無添加のPMS改善サプリも多いので、安心
・ チェストベリー以外にも有効成分を含んでいるので効果も高い

 

 

つらいPMSを改善したいけど、出来るだけ体に負担はかけたくない方も多いと思います。

 

 

ピルやプレフェミンは副作用が起きるかもしれないし、からだにも悪そうですよね。

 

 

私はピルを飲んでいたのですが、パートナーに「血栓症になるから止めて!」と言われました。(笑)
結局、妊活のために服用を止めましたが、ピルの死亡事故もあるので怖いですよね。

 

 

副作用のあるかもしれない薬じゃなくて、気軽に飲むことのできるものがあるんですよ!

 

 

「サプリメント」にも、PMSを改善するために開発された商品がいくつもあるんです!

 

 

サプリメントなので、副作用の心配はないし、からだに嬉しい無添加のものもありますよ。

 

 

また、薬と違って、PMS改善サプリにはチェストベリー以外の有効成分も多いんですよ。

 

 

プレフェミンの有効成分はチェストベリーだけですが、サプリは月見草なども配合されています。
他にも、カルシウムやマグネシウム、ビタミンB群などを豊富に含んでいます。

 

 

サプリメントでPMSの改善を実感する人も多いので、効果は高いことがわかりますね。

 

 

薬と違って、ネットや通販で気軽に購入出来るので、一度試してみてはいかがでしょうか?

 

■ 同じ成分のサプリメント
・ プレフェミンの有効成分はチェストベリー40mg
・ PMS改善サプリも同じ含有量に加えて、他の有効成分も

 

 

毎月くるイライラの波、イライラしすぎて逆に鬱っぽくなったり、女性は大変ですよね。

 

 

しかし、最近ではPMS(月経前症候群)を軽減させる薬やサプリが多いんですよ!

 

 

薬と、サプリメントのPMSに効果のある有効成分を比較してみたのでご紹介します。

 

 

PMS改善の市販薬のプレフェミンの有効成分って、チェストベリーだけなんですよね。
女性のためのハーブとして知られていて、PMS改善には幅広く使用されているそうです。

 

 

そのため、ほとんどのPMS改善サプリメントにもチェストベリーが配合されています。

 

 

プレフェミンでも、サプリメントでも、チェストベリーの含有量は40mgが多いです。

 

 

この時点で、薬とサプリでは同じくらいの効果が期待できそうですが、これだけじゃないんですよ。

 

 

サプリには、チェストベリーの他に、月見草オイルなどのPMSを軽減させる成分が配合されています。
さらに、カルシウムやマグネシウム、ビタミンB群も豊富なので、効果もより高いと思いますよ。

 

 

有効成分はひとつだけの薬より、成分の多いサプリのほうが効き目がありそうですよね。

 

 

実際、副作用の心配もないし添加物も少ないのでサプリを愛用してる方が多いんですよ!

 

 

■ ルナベリーの悪い口コミと良い口コミ一覧
・ PMS改善サプリで人気の高い「ルナベリー」
・ 実際飲んでいる人の口コミ一覧

 

 

PMSの改善サプリって、調べるとけっこうたくさんあって迷ってしまうんですよね。

 

 

その中でも、「ルナベリー」はリピート率が93.2%で、満足度が高い商品みたいです。

 

 

実際ルナベリーを飲んでいる人の悪い口コミと、良い口コミはどんなものか調べてみました。

 

 

「2ヶ月くらい続けると、全くイライラしなくなった」
「効果が出るまで時間がかかったけど、肌荒れしなくなったし、胸も張らなくなった」
「飲み始めてから仕事に集中できるようになった」
「今までの感情の起伏が嘘のように、イライラしなくなった」
「ヒステリックっぽかったのに、気持ちが穏やかになった」

 

 

など、効果があらわれるまで個人差はあるみたいですが、確実に改善されているようです。

 

 

反対に、ルナベリーの悪い口コミを調べてみたのですが、そんなに見つからないんですよね。

 

 

「肌の調子は良くなったけど、まだイライラが続いている」
「少し改善された気がするけど、そこまで効果があるのかわからない」

 

 

など、全く効果は無いわけではありませんが、効き目が弱いと思う方もいるようです。

 

 

サプリは薬より効き目がゆっくりな事が多いので、諦めずに飲み続けると良いかもしれませんね。

 

 

■ ルナベリーの他の有効成分ってなに?
・ 評判の良いルナベリー、他にもどんな成分が入っているの?
・ 月見草オイルや、亜麻仁油など9種類のハーブ
・ ビタミンB群も豊富

 

 

PMS改善サプリメントの中でも「ルナベリー(旧ルナリズム)」は評価が高いんですよ。

 

 

イライラの解消だけでなく、美容効果の高い成分も配合している所がポイント高いですよね。

 

 

ルナベリーにはチェストベリーがもちろん配合されていますが、他にどんなものがあるか調べてみました。

 

 

PMSのイライラの解消に有効とされる「月見草オイル」を100mg含んでいます。
さらに、集中力を高め、美容効果もある「亜麻仁油」も100mg含んでいるんですよ。

 

 

この2つの成分も、女性ホルモンにはたらきかけて、PMSを改善するんだそうですよ。

 

 

他にも、ワイルドヤムやパッションフラワーなど全部で9種類のハーブが配合されています。
これらのハーブは全て天然由来の成分なので、安心して飲むことが出来ますね。

 

 

さらに、生理前に肌トラブルで鏡を見たくないという方に嬉しい成分も入っているんですよ。

 

 

カルシウムやマグネシウム、肌トラブルに良いとされるビタミンB群を含んでいるんです!

 

 

ルナベリーを飲むようになって、肌荒れが改善されたという声があるのも納得ですね。

 

 

■ 生活習慣の見直しや、アロマやサプリで薬いらず!
・ 薬に頼らなくても、PMSは改善できる
・ 適度な運動で、心もからだもリフレッシュ!
・ 夜はアロマやハーブティーでリラックス

 

 

仕事や育児でストレスの溜まりやすい現代の女性は、PMSの症状も重い方が多いんですよね。

 

 

実はPMS(月経前症候群)って、薬を飲まなくても、症状を軽減させることができるんですよ。

 

 

「仕事が忙しくてPMS対策に時間を割いていられない」という方もいると思います。

 

 

意識を少し変えるだけで、PMSは軽減されるので、ゼヒ実践してみてくださいね。

 

 

現代社会では食生活も乱れがちですが、バランスのとれた食事でPMSが軽くなるんですよ。
糖分の多い食材は、精神が不安定になりがちになってしまうので、PMSの悪化につながります。

 

 

さらに、小麦粉類や塩分の強い食べ物は、むくみがひどくなったり、体が冷えてしまうんですよ。

 

 

カフェインの多い飲み物は、不眠や気持ちが不安定になりがちになってしまうそうです。

 

 

PMSの代表的な症状であるイライラの解消には、適度な有酸素運動が効果的なんですよ。
からだを動かす事で気分転換になりますし、代謝を促す事によってPMSが軽減するんですよ!

 

 

20分程度のウォーキングや、仕事の合間にストレッチするだけで効果があるんですよ。

 

 

お風呂上がりに、気分が落ち着くアロマを焚いて、深呼吸して軽いヨガをするのもオススメです。

 

 

PMSを軽減させるアロマ(ローズ・イランイラン・ゼラニウムなど)もあるんですよ。
自分好みの香りをみつけて、夜はハーブティーでリラックスした時間を過ごしましょう。

 

 

普段の生活を少し変えるだけで、知らず知らずのうちにPMSが改善されているかもしれませんよ!